国定勇人(くにさだいさと)からのメッセージ

僕が三条に移住して15年が過ぎた。

市長就任前の3年間、仕事を通じて、僕はこのまちの世界に通ずるものづくりの技術に魅了された。
仕事帰りには、美しい西空を見ればクルマを飛ばし日本海に沈む夕陽を眺めたり、或いは温泉に入ろうと思い立った数十分後には露天風呂に足を伸ばす自分がいたりと、東京では決して味わうことのできない豊かな日常生活を満喫することができた。
また、自分の人生を、家族の人生を、地域の未来をゆっくりじっくり考えるのに必要なゆとりや多くの新たな友人を手にすることができた。

こうした本当の意味での人にとっての豊かさを、今三条に住んでいる1人ひとりに実感してもらいたい、それだけでなく、今はどこかに住んでいる未来の三条市民に触れてもらい、移住を決断してもらいたい・・・そんな思いで12年間、市長という仕事に没頭してきた。
まちをデザインし続けてきた。

その結果、三条市は今、あらゆる世代の三条への移住がダイナミックに動き始めた。
ある人はふるさと三条に戻ろうと心を決め、ある人は私のように真の豊かさを手に入れるという希望を胸に新天地を三条に求めるという形で・・・

逆に、新天地を他の地域に見出し離れていく、この地に生まれ育った方々も少なくなった。
この一見地味に見える変化の兆しは、ここに住まう私たちが、このまちに真の豊かさがあることを実感し始めた、その萌芽なのかもしれない。

全国各地で人口減少が叫ばれている昨今、このように、私たちだけは持続可能性を再び手に入れようとしている。

これを確実に手に入れるためには、持続確実なまちのデザインを仕上げるには、もう少しの工夫と努力が必要だ。

持続確実なまちのデザインの最終章をあなたと一緒に編みこんでいきたい。

これが今の僕の切なる願いだ。

この地に尽くす!〜国定勇人(くにさだいさと)の日記〜

2021.02.25

町中華で食す至極のカレーライス

突然ですが、これまで選挙区内の地域別のまとめグルメサイト的な不連続シリーズ「うんめもん探訪」を試行錯 ... 続きを読む
2021.02.24

作り手の消滅は回避できたのか?

私のYouTubeチャンネルで現在配信中の「ものづくりの火を絶やすな!」シリーズも、今晩18時から配 ... 続きを読む
2021.02.22

消雪パイプを考える。

消雪パイプ。雪国で生活したことのない方々にとっては無縁のもの(或いは教科書でしか習ったことがないもの ... 続きを読む
2021.02.19

蕎麦を嗜む。

新潟市南区選出の笠原県議の右腕の方が自ら打った蕎麦を振る舞っていただけるとのことで、先日、県議事務所 ... 続きを読む
2021.02.18

日本酒の値段は安すぎる。

新潟は日本酒が本当に美味しい。「僕が新潟への移住を決めた理由の5%くらいは新潟の日本酒が美味しかった ... 続きを読む